Blog

ハリウッド エンタメ最新リポ

  ロサンゼルスと言えば映画の街ハリウッド、別名City of Lost Angeles(迷った天使達の街)最近はシリコンバレーで初声を上げた、ビリオンドラーカンパニー最優良企業であるグーグル、YouTube, Amazon, SpaceX、そして昨年、日本にも進出したNetflix なども続々とロサンゼルスに支社を設立。 映画、テレビを始めとするコンテンツに競って出資を進めている。今、世界で一番ホットでセクシーな街、そして私自身の最初の夢であった起業とM&Aエクジットを達成したのもこの街、もっと絞ると今やグーグル・YouTubeに占領されつつあるベニスビーチ、メインストリートのスタジオで私のLAライフは始まった。 エンターテイメントのメッカであり、プロデューサー、監督、俳優、脚本家達の整地である ロサンゼルスには世界中から物、金、人が渦めき、今やNYを超えたメルティングポットとなったこの街は、不動産、食、ヘルシーライフスタイル、エンターティメントで世界のセレブを呼び込むパワーがある。 ところがである、今やウォール街は別として全米の中心とも言えるロサンゼルスは、日本人にはどうも苦手らしい。そう、この街の煌びやかさは日本人サラリーマンの対局にあり、セレブと真逆の日本人気質と全く合わないようなのである。日本人のアメリカ海外出張は決まって東海岸はNY, 西海岸はシリコンバレーのあるサンフランシスコであり、度重なる私の日本企業へのLA進出、ハリウッド合弁製作の呼びかけは徒労に終わった。 そんな中、お隣 韓国、中国は着々とハリウッドの合弁製作を進行した。特にKoreanのLA進出には目を見張る物がある。日本でもお馴染みの韓ドラは アジアは勿論、ロスのケーブル局でも放送。そしてK-popはPSYがガンナムスタイルで全米popチャートNo.1の快挙を果たして以来、少女時代、KARAなどのアイドルグループも台頭しており、勿論 中国も香港映画を橋掛かりにハリウッド進出を果たしている。 […]